絶対に寝過ごさなくて済むドデカいアラームクロック付きホテルがオープン

絶対に寝過ごさなくて済むドデカいアラームクロック付きホテルがオープン 1

こっ、これがお部屋の時計?

なんだかドドンと存在感ありすぎなアラームクロックですよね。でも、これは本当にベルギーのヘントに今月から開業した鉄道駅に直結するホテルルームの写真なんです! しかもさ、ご丁寧に部屋の中央に四面が時計になって陣取ってるという間取りですよ~

 

 

絶対に寝過ごさなくて済むドデカいアラームクロック付きホテルがオープン 2

はい、そうなんです、こちらは街にそびえ立つ本物の時計台だったんですね。その周囲に部屋を建築しちゃったというわけで、街中に大音量で響き渡る時計台の時報で朝から起こしてもらえちゃうかもしれませんよ。まぁ、これだけ大きい時計が、どこからでも見えるようにド真ん中にセットされた部屋で「うっかり時計を見忘れて寝過ごしちゃいました」なんて言い訳は絶対にできないでしょうからね...

ちなみにこのホテルは、1980年代から欧州で活躍する日本人アーティストの西野達さんが、日ごろは遠く離れた公共の場所という視点でしか見ていないものをプライベートな空間に持ち込んで垣根を取っ払う「TRACK」プロジェクトの一環で作り上げたものなのですが、地上から23mの高さの時計台ホテルルームまで登りつめるのは至難の技のようです。きっと抜群に見晴らしはいいんでしょうけどね。

I Love Belgium via Neatorama

Andrew Liszewski(米版/湯木進悟)