森に野生動物撮影用カメラ仕掛けたら政治家の密通が映ってしまった

2012.06.18 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120617Karnten_ChristianSchorm.jpg


オーストリアの森に棲むワイルドライフ(野生動物)を撮ろうと隠しカメラ仕掛けたら、なんと政治家のワイルドなライフが偶然映ってしまい、カメラを取り付けたケルンテン狩猟協会にプライバシー侵害で賠償金最大1万6000ポンド(200万円弱)の支払い命令が下りそうな雲行きです!

Business Insiderはこう伝えていますよ。

カメラは人通りから離れた場所に念入りに隠して設営された。モーションセンサーがついており、オーストリアのケルンテン地方の野生動物を撮影する目的で取り付けたものだが、カメラが捉えたのは動物ではなく政治家(名称非公開)の密通の現場だった。
法律の専門家たちは、このカメラは監視カメラ使用を制限するオーストリアの法律に違反する、と話している。NGOの情報保護団体「Argen Daten」のハンス・ジガー(Hans Zeger)代表は、カメラ設営には正式な認可が必要だとした上で、「少なくともカメラ設置場所と表示し、ビジターが自分の振る舞いを調整し監視エリアを避けられるようにすべきだった」と言う。ただし、カメラを設営した「Carinthia Hunting Society(ケルンテン狩猟協会)」はスパイ機器設営は妥当だったと自己弁護している。
 

[Business Insider]
Image Credit: Christian Schorm

MOLLY OSWAKS(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B001O01SGU


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

B003WN9Y40


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

特別企画

Makerの力でスナックの粉問題を解決する噂の動画。湖池屋さん…なんでこんなものを?

PR

スコーンスコーンコイケヤスコーン♪ スコーンスコーンコイケヤスコーン♪ スコーンスコーンコイケヤスコーン♪ カリッとサクッとおいしいスコーン♪のテーマソングでおなじみ、湖池屋のスコーンがさらなる魔力...
続きを読む»