フェイスブック、アップルの特許を数多く考案した重鎮デザイナーを獲得

フェイスブック、アップルの特許を数多く考案した重鎮デザイナーを獲得 1

アップルが誇るインターフェースの重鎮であり、戦略的デザインのコンサルタントを手がける企業「フロッグデザイン」のベテランであり、UIデザインのマネージャーだったクリス・ウィールドレイヤー(Chris Weeldreyer)さん。

今月18日、彼はフェイスブックという名の舟に飛び乗り、マーク・ザッカーバーグのポセイドン(海の神様)のような右腕として力強く舟を漕ぎ出しました。優良なスタートアップ企業を次々と獲得しているフェイスブックですが、デザインについても今後が期待されますね。

9to5Mac誌もウィールドリヤーさんの輝かしい実績をもとに、フェイスブックのデザインが劇的に洗練されていくであろうことを指摘しています。

彼は、アップル社が申請した多くのセキュリティ関連特許、iPadのiWeb、マルチタッチやジェスチャーに関する発明を行った人物としても知られています。リンクトイン(LinkedIn)プロフィールによると、彼の専門領域はインダストリアル・デザイン、インタラクション・デザイン、ユーザーインターフェース・デザインです。

ウィールドリヤーさんはフェイスブックのプロダクト・マネージャーとして就任。タイムラインに注力するFacebook.comや煩雑なモバイルアプリをレーザー光線のような視線で見つめ、芸術的な形に削り出してくれるといいですね。とくにモバイルアプリは昔より見やすくなりましたが、使いづらさはほとんど改善されていません。そのあたりが、ウィールドリヤーさんの善意によって一蹴されることを期待したいと思います。

[9to5Mac]

Sam Biddle(Rumi/米版