Windows 8でスタートボタン廃止にする理由をマイクロソフト社員が説明

Windows 8でスタートボタン廃止にする理由をマイクロソフト社員が説明 1

順調にいけば、今年の10月には製品版がリリースされるWindows 8。現在、リリースプレビュー版が公開されています。

Windows 8のプレビュー版が出た時から、話題になっていたことの1つがスタートボタンがないこと。Windows 95から搭載されているスタートボタンは、そんな慣れ親しんだスタートボタンを廃止にする理由を、マイクロソフトのプログラムマネージャー主任Chaitanya SareenさんがPC Proに語りました。

Windons7の使われ方に着目しました。新しいタスクバーに搭載された(アプリの)ピン機能は、大変歓迎されました。そしてスタートメニューを利用する回数が驚く程減りました。

私はデスクトップユーザーですが、ブラウザ、エクスプローラ、その他アプリをピンしています。スタートメニューはそれほど開きません。スタートスクリーンでは、一連の新しいMetro UIか、これまで通りのデスクトップ画面かを選ぶことができます。

また、Sareen氏はアプリケーションの起動にショートカットキーを使っている人が多いことも指摘しています。「Windowsキーと1を押すと、インターネットエクスプローラ(もし、インターネットエクスプローラをタスクバーの一番目にピンしていたら)が立ち上がります。とっても早く。」

今まで、スタートボタンがあった場所はホットコーナーになるそうです。その場所にマウスを移動させるか、指でスワイプすることによって、Metro UIとデスクトップを切り替えることができます。

なるほど、スタートボタンはあんまり使われていなくなってきているんですね。理屈は分かるのですが、スタートボタンがなくなっちゃうのは何となく寂しいです。

[PC Pro]

Jamie Condliffe(原文/mio)