既存Windows Phoneユーザーに朗報。WP7.8でもスタート画面はこんなにフレキシブル(動画)

美味しいところ、ちゃんと入ってます。

マイクロソフトのWindows Phone 8(以下WP8発表で、既存のWindows Phoneユーザーの中には「裏切られた」と感じる方も少なくなかったことでしょう。今市場にあるWindows Phoneは、1台たりともWP8にアップグレードできないんです。でも、がっかりすることはありません。多くの人がアップグレード可能なWindows Phone 7.8(以下WP7.8)でも、これだけのことができるんです! とマイクロソフトのベン・ルドルフさんがデモしてくれています。

 

WP8にアップグレードできなくても、ほとんどの既存ユーザーはWP7.8にアップグレード可能です。しかも、WP8で追加された機能の中でも一番ビジュアルで便利な、新しいスタートスクリーンが使えるようになります。動画でデモされているのは、今年4月発売のLumia 900です。日本のWindows Phone IS12TでもWP7.8にアップグレードできるのか、公式発表はまだないのですが、テクノロジーブロガーのポール・スロットさんはWP7.8は「キャリアをバイパスして提供されるだろう」としています。つまりキャリアに関係なく、どの端末でもアップグレードが受けらるだろうということです。

WP8だけでなく、WP7.8でも、タイルを大きくしたり小さくしたりして、電話の「顔」の部分をよりパーソナルかつフレンドリーにカスタマイズできます。おそらくWP8のベストな部分と言って良い機能が入ってるんです。なのでWindows Phoneをお持ちの方、ちょっと安心してください。

[Engadgetsupersite for Windows]

Sam Biddle(原文/miho)