3670万FPSでがん細胞を撮れる世界最速カメラできました

3670万FPSでがん細胞を撮れる世界最速カメラできました 1

MITが1兆FPSのフェムトフォトグラフィーならUCLAのエンジニアも負けちゃいませんよ~世界最速の2Dカメラ作っちゃいました! 

高速も高速、なんとフル2Dで3670FPS―これだけ高速なら、がん検査に革命が起きるのでは...と期待が持たれています。

このカメラ、実は顕微鏡の一部でございまして、ユーザーが光をレーザー照射して画像を生成する「STEAM(serial time-encoded amplified microscopy)」という処理を応用してるのです。

シャッタースピードはたったの27ピコセカンド(1ps=1兆分の1秒)。つまりは秒間3670万コマ撮れる...ということはえーと1日1万枚撮って10年以上かかるのを1秒で? ひゃーすごいですね!! 

...でもなんに使うの?

まあ、目下のところは細胞の解析ですね。細胞の流れはカメラの視野の下を9mph(時速14.48km)で通過するので、このカメラなら毎秒10万個の細胞が分析ができます。これは従来の顕微鏡の100倍のスピード

で、何百万個もの細胞を撮ってコンピュータ解析すれば、異常も見つかる、というわけです。

信じられないぐらいレアな血中のがん細胞も検出が可能で、その偽陽性率は100万にひとつという記録的低さ

ここまでくると細胞のスループット(処理量)を阻む限度はカメラのスピードではなく、細胞がダメージ抜きに動ける速度、という世界。ああ、未来ですの~。

[PNAS via PopSci]

Image by The Webhamster under Creative Commons license

Jamie Condliffe(原文/satomi)