Androidアプリ「Auto Screen On」でスマホライフをもっとスマートに!

Androidアプリ「Auto Screen On」でスマホライフをもっとスマートに! 1

これはスマートですぞ!

Androidアプリの「Auto Screen On(オートスクリーンオン)」は内蔵センサーを使って、指定した通りの状態になったら自動的に画面をONにするアプリ。

使えるセンサーは「g-sensor(加速度センサー)」と、「proximity sensor(近接センサー)」の2つ。どういうことかというと、加速度センサーは「本体の動きを感知する」センサーで、端末をかたむけて遊ぶゲームなんかに利用されています。近接センサーは「本体の近くにものがあることを感知する」センサーで、通話のために顔を近づけた時、タッチパネルが反応しないようにするため使われています。

ほう、ということはポケットからスマホを取り出したときにバックライトを点灯させたり出来るってことですね。これはスマート。

その他詳しいことははこちらのページをご覧になってみてくださいね!

ポケットから出したら自動で画面ON! センサー感知を使った魔法のようなアプリ[TABROID]

(ギズモード編集部)