アップルのiGlassはグーグルメガネの好敵手となるのか? 今までにないガジェット、ユーザーは受け入れるのだろうか?

20120710googleglassiglassfuturegadet.jpg

地図ブームに高画質スクリーンブーム、そして今度はメガネブーム。

毎日が忙しいIT業界です。

アップルがまた新たに特許を取得。その内容は、グーグルメガネにせまるようなもの。アプリ、動画、画像、様々な情報をリアルタイムでメガネを通して操作。そう、まるでiPadをそのままメガネにしたようなそんなアイテムがいつかできるかもしれないのです。

まぁ、実際のところ今すぐどうこうって話ではないでしょうが。グーグルメガネ同様、「え?」と思うところもたくさんあるのでしょう。

アップルのメガネ、iGlassも仕組みはグーグルメガネと似たようなもの。LCDプロジェクターを使い目の前に情報を表示します。グーグルメガネと違うのは、iGlassは前面ではなくサイドにプロジェクターを配置しているところ。アップルの特許申請内容によると、特殊なガラスを介して直にユーザーの瞳に画像を送り込むのだそうです。ほほう、なかなかイメージするのは難しいですけれど。

他にも、グーグルメガネとの相違点には、2つのディスプレイがあるというところ。グーグルメガネはディスプレイは1つ。ディスプレイを2つ使用することで、メガネ/映像酔いを防ぎ、より引き込まれるようなユーザー体験が得られるのだそうです。また、この方法だと、ユーザーの視界をより効率的に使用し、高画質なイメージを投射できるということです。

グーグルメガネもiGlassも、今までにない全く新たなガジェットとして興味をそそるのはもちろんなのですが、必ずついてまわる問題があります。それは、ユーザーの習慣を変えさせ、顔の周りに装着するという難点をクリアしなければいけないということ。顔周り、頭に今までつけていなかった何かを装着するからには、写真や動画が撮れるなんてこと以外に、ユーザーにとって何か大きな利点が必要となります。

ぶっちゃけ、四六時中、写真や動画を撮っているわけではありません。というか、常にコンピューター世界を通して現実を見る必要は今のところないのです。だからこそ、スマートフォンという手の中にあり、必要があれば簡単に取り出せて、用が終ればすぐにしまえる端末を愛用しているわけですから。

では、ユーザーが新しい物を受け入れるためには...

新たなテクノロジーが出て来た時に、ユーザーがそれをどうやって受け入れて馴染んでいくのでしょうか。Bluetooth接続のハンズフリーヘッドセットを例に考えてみましょう。かつて、Bluetooth接続のヘッドセットは、今のメガネガジェットと同じように、リアリティのない未来のガジェットでした。多くの人が、未来のコミュニケーションツールとして何かを夢見て求めていました。そこに、手を使わないで話をすることができるガジェットが本当にでてきたわけです。そして、これにはユーザーにとって新たなテクノロジーを受け入れるに十分な利点(=手を使わなくていい)があったのです。

しかし、それでも大多数が受け入れたわけではありません。確かにBluetooth接続のヘッドセットを使用している人を数多く見ます。とは言ってもやはり彼らは少数派。多くの人は、そのまま携帯電話を手にもって話をしています。多くの人は、ハンズフリーでの会話に違和感を覚えています。なんか、変じゃない?かっこつけみたいじゃない?独り言言ってるように見えない?と感じているわけです。Siriにも同じ様なことが言えるかもしれません。公共の場で大声でSiriと会話して電話かけたり、予定を調整している人を見かけることはほぼありません。

つまり、そういうことです。一般受けは難しい。グーグルメガネもiGlassも、グーグルだろうがアップルだろうが、きっとこの「メガネ系プロダクト」は大衆受けはしないものになるのでしょう。一般人には必要がないニッチなテクノロジーなのでしょう。大多数に使いたいと思ってもらうためには、大きな利点が必要なのです。顔の周りに普段つけないガジェットをつけてもいいと思えるような何か巨大な利点が。

もちろん、アップルの作るメガネiGlassは、今までのアップル製品らしく美しいものになるのかもしれません。グーグルメガネよりも優れたデザインになるかもしれません。しかし、米Gizの辛口ヘスース(Jesus)記者はこう言います「今ある通常メガネと区別がつかないようなデザインでない限り、絶対に一般受けしない。誰も買わない。」

現段階では、アップルは特許を、グーグルはすでに試作品を開発しています。

さて、未来のガジェットは受け入れられるのか? 現段階ではその可能性は、低い

[USPTO via TNW via Redmond Pie]

そうこ(Jesus Diaz 米版