重さ540グラム・薄さ7.99ミリの衝撃! 家族にも勧められるAndroidタブ「LifeTouch L」(プレゼントあり) #lifetouch_l

2012.07.02 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120621lifetouch_l_top.jpg


先進性も安心もすべてがこのひとつに。

NECがこの夏投入するAndroid 4.0タブレット「LifeTouch L」の話です。なんと、重量約540グラムで、サイズが257(幅)×181(奥行き)×7.99(高さ)ミリメートルと、とにかく軽い、とにかく薄い! それなのに今時のタブレットに要求されるスペックのツボは抑えています。で、ソフト面についてもなかなか考えられているんです。シーンに応じた使えるアプリをプリインストール済みで、初Androidという人にも安心な設計。

そこで、「自分使いで超快適」「家族が使って超安心」という2つの切り口で「LifeTouch L」を解剖していきますね。記事の最後にはプレゼントもあるのでお見逃しなく!


自分使いで超快適


120621lifetouch_l_ph02.jpg


ギズの大野編集長は実際に「LifeTouch L」を触ってみて、こんなことを言ってましたよ。

ハードからの視点で見てみると、ちょうどいい持ちやすさのサイズと重さ。
バッテリーも最長で13時間駆動で魅力的。
使ってみた感じ、1.5GHzデュアルコアで処理もサクサクです。いいよいいよー。

確かに、触ってみてわかる軽さと薄さは相当なものです。


120621lifetouch_l_g01120621lifetouch_l_g02120621lifetouch_l_g03120621lifetouch_l_g04120621lifetouch_l_g05120621lifetouch_l_g06120621lifetouch_l_g07120621lifetouch_l_g08


では、外観から見ていきましょう。「LifeTouch L」を新しいiPadと比較しつつ、外観を撮影してみました。見ての通り、新しいiPadの9.7インチよりもディスプレイサイズは大きく、それでいて同等以下の薄さになっています。丸みを帯びているiPadとは異なり、ソリッドな印象。背面もマット仕上げで渋いです。軽さに関しては652グラムの新しいiPad Wi-Fiモデルとは段違い。ここでの100グラム以上の差は大きいと感じました。

寝っ転がってブラウジングしたり動画見たりしていると、そのうちiPadでは手がだるくなってくるのですが、「LifeTouch L」なら快適そのもの。タブレットならではの自由な姿勢でコンテンツを楽しむという観点からすると、この軽さは非常に理にかなってます。

そのほかのスペックはというと、10.1型ワイド LED IPS液晶で1280×800ドット、1.5GHzのデュアルコアCPU「OMAP 4460 HS」搭載、ブラウジングで最長約13時間駆動。解像度はちょっと物足りない気がしますが、必要にして十分な今時スペックです。特にこのサイズで13時間駆動というのはなかなかのもの。バランスいいです。内蔵メモリは16GBと32GBの2モデルが用意されています。


120621lifetouch_l_sc06.jpg


ソフトウェア面でいうと、最初こそ若干の違和感があったもののAndroid 4.0にはすぐ慣れました。普段使っているiPadと比べるとウィジェットがあるというのは結構でかいです。アプリを立ち上げなくても情報にアクセスできるというのは魅力ですね。


120621lifetouch_lcap02.jpg


機器連携が充実しているのも特長。DTCP-IP対応DLNA機能搭載で、レコーダーやテレビ機能を搭載したPCなどで録画したテレビ番組を見たり、無線LANルータやパソコンに接続されたプリンタへ簡単に印刷できるアプリを内蔵していたりと、家のどまんなかで活躍できるタブレットに仕上がってます。


120626nec_lifetouch_l.jpg

接続確認機器についてはこちら


特に気になるのがAV機器との連携。録画番組を「LifeTouch L」に保存して持ち出せるほか、Wi-Fi経由で機器から受信して家の中で楽しむことが可能です。IEEE802.11a/b/g/nに対応しているのがここで効いてきます。b/g/nだけでなくaにも対応しているところがミソで、電波干渉しにくいので映像・音声が途切れる心配が減ります。


120621lifetouch_l_ph01.jpg


これはカメラと接続しているところ。こんな風にUSB経由で接続できます。ビューワーとして快適なタブレットだからこそ、Eye-Fiカードのような特別なものを使わなくても済むというのは素直にうれしいです。ちなみに上の画像でいうと、結構斜めから撮影していますが「LifeTouch L」の画面はきちんと見えています。視野角も広いってことです。


家族が使って超安心


120621lifetouch_l_sc05.jpg


そんな「LifeTouch L」の中身については、大野編集長もこんなふうに評してます。

出荷状態からアプリが豊富に入っているので、
試しに買ってみたら「家族全員で使える便利な一台」になってると思います。
ただ、プライバシーには気をつけてね!


ということで、ここからは世帯をお持ちの方に向けてです。

家族とタブレットを共用したい、なんてケースも増えてきていそうな昨今。「LifeTouch L」はそんなニーズにも対応しています。その最大の特長はプリインストールアプリが充実していること。32GBモデルには、シーンに応じた使えるアプリが50種類以上すでにインストールされています。

代表的なところでいうと「クックパッド」「ニッセン スマートカタログ」のような生活系、「Hulu」「幽玄の間 for Android」のようなエンタメ系、「Quickoffice」「Evernote」のようなビジネス系などなど。それらはホーム画面からアプリを簡単に探せる「ナビゲーションアプリ」で呼び出せるので、ご家族のITスキルが高くないとお嘆きの人にも安心なはず。個人的にちょっとうれしいなと思ったのが「ATOK」のプリインストール。自分で入れると結構高額なだけにこれがプリインなのはありがたいところです。

しかも、利用可能なアプリや利用時間、アクセス可能なWebサイトなどを設定できる一種のペアレンタル・コントロール「こどもーど」もプリイン。こどもがいるご家庭でも安心して遊ばせられます。


120621lifetouch_lcap01.jpg


さらに、NECはグループのNECビッグローブが運営するAndroidアプリサイト「andronavi」をすでに持っていますが、今回タブレット向けアプリにしぼった紹介サイト「タブレットアプリファン」もローンチさせています。プリインアプリで物足りなくなったら、Google Playで探すのもいいけど、こうやってキュレーションされたアプリストアのほうが情報を見つけやすいというのは確かにありますもんね。さらに、プリインのスケジュールアプリ「myArrange Schedule」専用のスケジュールコミュニティサイト「リフィルズタウン」も立ち上げ。NECのメーカーとしての本気度が伺えますね。

しかも、保守・サポートに関してはNECのコンシューマPCと同様に電話受付、初期故障交換、修理対応などで全面バックアップ。最新のタブレットを入手しつつ、老舗ならではの安心感もゲットできるというわけです。

価格はオープンで16GBモデルが4万5000円前後、32GBが5万円前後。7月5日発売予定です。32GBと16GBの差は単純に容量と、プリインアプリの数の差だけです。

32GBは自分だけでなく家族で使おうと思っている人におすすめです。家族使いに適したタブレットということでおうちの大蔵省の認可も下りやすいんじゃないかと。逆に言うと用途が自分使いで、自分でどんどんアプリを入れられる、カスタマイズできるという人は16GBでも全然オッケー。今やクラウドの時代ですし。


プレゼントあります


と、最後まで読んでいただいた方によきお知らせが。1名様に「LifeTouch L」(32GBモデル)をプレゼントします! 応募の方法は以下のとおりです。


当記事のタイトル(「#lifetouch_l」まで含んでくださいね)とURLを含んでツイートしてくれた方の中から抽選で1名様に「LifeTouch L」(32GBモデル)をプレゼントします。ツイートの締め切りは7月11日(水)23:59:59です。


当選のご連絡はDMで行いますので、応募前にギズモードのアカウント( @gizmodojapan )へのフォローをお願いします!

※本キャンペーンはギズモード編集部で運営しております。利用に関連して発生した応募者または第三者の損害について、日本電気株式会社は一切の責任を負わないものとします。当選者の方からいただいた個人情報(名前、住所、電話番号等)は、ギズモード編集部が別途定めるプライバシーポリシーに従い、取り扱うものとします。


ぜひぜひこのチャンスをお見逃しなくっ。


LifeTouch L [121ware.com]

(松葉信彦)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B008CBJULY

これも一緒にどうぞ。

remote-buy-jp2._V45733929.jpg