みたいもーど:グーグルのNexus 7と加速する電子書籍プラットフォーム競争

みたいもーど:グーグルのNexus 7と加速する電子書籍プラットフォーム競争 1

6月27日にGoogle I/Oが開催されました。例年通り、ここまでグーグルが何を開発してきたか、ここからどこを狙っていくかの様々な発表がありました。

 

 

・Android OSの次のバージョンである「Jellybean
・新ハード「Nexus 7」「Nexus Q
・さらに拡大するChromeと、そのChrome上で動くWebアプリ
・ネタ見せとしてのProject Glass

アメリカの住宅事情ならともかく日本ではあまり現実的ではない「Nexus Q」。これからどんどん本気を出してくるであろうChromeとそのWebアプリということを考えると、これらの発表の中で個人的ないちばんの注目は「Nexus 7」です。

 

 

まずは、これまでタブレット分野のAndroid端末では存在していなかったグーグルブランドの製品であること。価格帯がアマゾンのKindle Fireにガチンコでぶつけてきた199ドルというものであることです。

 

みたいもーど:グーグルのNexus 7と加速する電子書籍プラットフォーム競争 2

 

実は、このNexus 7、Google I/O参加者のおかげで、早々に触らせてもらい、写真もご提供いただいたのですが、現行のKindle Fireと比較すると、やはり半歩先に進んだ端末という印象でした。

・物理的に軽い
・画面がきれい
・動作が早い・軽い

特に、過去のAndroidにはこれまでありがちだったスクロールの際のモッタリ感はほぼ皆無となっていたのが印象的でした。

そして、このGoogle I/Oを前後して、日本では重要な発表がありました。まずは、アマゾン。Kindle日本語版がついに登場というニュース。

さらに、楽天kobo。この時期に発表であり、7980円という値段設定にアマゾンへの警戒を感じますね。

あまつさえ、あのアップルからも「iPad mini」の噂

ということで、気づいてみれば、アメリカだけではなく、日本でもここにきて、一気に電子書籍のプラットフォーム競争が、一時のゲーム機のプラットフォーム競争のような激化の様相を呈しております。

これらのタブレット、実に今時のハードなので、スペック的には似通っています。サービス的にも、これも今時なので、基本クラウド対応しています。

そうなってくると、その違いって、どこにあるんでしょうか?

まずは、OSなどからくるユーザー体験としてのUIの部分。そして、それ以上に違うのが、その出自からくるサービスの違いです。

音楽とアプリから攻めたアップル
から攻めたアマゾン
アーキテクチャから攻めたグーグル
オンライン販売から攻めた楽天

どのプラットフォーム提供者も、いきなり電子書籍に参入してきたわけじゃありません。母体となるサービスがまずあり、その発展段階として、電子書籍を位置づけているわけです。

この出自と自分が何を電子書籍に求めているのか? というのを照らしあわせてみると、自然と自分にとって最適なプラットフォームは何かという答えは出てくるような気がします。

私としては、やっぱり電子書籍は本の進化形と思っているので、まずはアマゾンKindleです。次にその電子書籍データをどう扱うか? という意味でグーグル。自分の中では、この2つのどちらかと長く付き合うことになるのではないかなと思っています。

みなさんはどうですか? いきなりハードウェアとしてのタブレットの評価だけで買うのではなく、サービスと自分の生活を含めて、一度考えてみてはどうでしょうか?

しかし、こうなってみると、というハードウェアが実にいろいろな要素を請け負っていたことに気づかされますね。

 

(いしたにまさき)