120億円あったら何をする? そうだ、月に行こう。

120億円あったら何をする? そうだ、月に行こう。 1

民間の宇宙飛行企業、エクスカリバー・アルマースが月面旅行のチケットを発売しました。エクスカリバー・アルマースは宇宙法に詳しい、ヒューストンの弁護士アート・デュラ氏が始めた会社です。宇宙関連の企業が多いことで知られるイギリスのマン島に本拠地があります。

会社はロシアの有人宇宙船ソユーズの中古船を4つと、サリュート(ソビエト連邦が開発した宇宙ステーション)クラスの宇宙ステーションを2つ所有しています。2つの宇宙ステーションは月の軌道に乗っており、旅行者を乗せたソユーズはこの宇宙ステーションにドッキングします。そして、月の軌道を周り、またソユーズによって戻ります。旅行期間は約6ヶ月です。(月面への着陸はありません。)

気になるお値段は1億5500万ドル(およそ120億円)です。初フライトは2015年に予定されています。

地上からは見られない月の裏側。ぜひ見てみたいですが、何にせよ私たちには高すぎますね。120億円を払えるくらい稼げるようになるのと、これから一念発起して宇宙飛行士を目指すの、どっちが簡単でしょうかね?...生きている間に、月旅行の値段が下がるのを期待したいと思います。

 

[Huffington Post and Wall Street Journal] Image: Thinkstock

mio(米版