禁煙の新しい方法? いくら煙草を吸っても、ニコチンを感じないようにするニコチンワクチン

禁煙の新しい方法? いくら煙草を吸っても、ニコチンを感じないようにするニコチンワクチン  1

煙草初心者の時は、お酒を飲むと煙草が吸いたくなりました。そうやって煙草の味を覚えると、だんだんとアルコールなしでも煙草が吸いたくなるようになりました。こうやってついてしまった煙草の常用性はなかなか打ち破るのが大変です。止めようと思えばいつでも止められると思っていても、実際に禁煙に乗り出そうとすると中々強固な意思を必要とします。しかし、そんな葛藤もしなくてよくなりそうです。

ニューヨークのワイルコーネルメディカルカレッジの研究者らはニコチン中毒対策のワクチンを作りあげました。

煙草を楽しんでいた人にとっては余計な情報かもしれませんが、肺の健康にとってはいい事です。このワクチンは、ニコチンによってもたらされる全ての効果を打ち消します。ラットの実験では、ニコチンの影響が心臓や脳に至る前にブロックされました。

このワクチンは1回の摂取だけで、生涯に渡ってニコチンの中毒性を排除することができます。喫煙者がよく言う、「煙草を吸う、あの間が好きなんだよな」という場合には煙草を吸うことは可能です。でも、それは中毒性に要請されての行為ではなくなり、純粋に自分の楽しみとして吸うことができるようになります。それがおいしいのかどうかは謎ですが、禁煙に何度もチャレンジして失敗している方には朗報です。

最近、喫煙場所が外に設置されているので、暑い中、汗をだらだら流しながら煙草を吸うよりは、すっぱりきっぱり煙草を止めてしまうのもいいかなと思います。

 

[C-Health via PopSci] Image: Thinkstock

Lesile Horn(原文/mío)