オリンパスがウェアラブルディスプレイ試作機「MEG4.0」開発

オリンパスがウェアラブルディスプレイ試作機「MEG4.0」開発 1

オリンパスは、日常生活で利用できる超小型ウェアラブルディスプレイの試作機「MEG4.0を開発したと発表しました。

同社独自の瞳分割シースルー光学系の採用により、外界の視界を遮らず自然にディスプレイの表示が見られるようです。

また、日常生活を考慮し、できるだけ小型軽量、そして低消費電力を実現。Bluetoothを搭載しておりスマートフォンなどともワイヤレス接続が可能となっています。

加えて、方位・加速度センサーを内蔵。自分の視線に合わせてディスプレイの表示も動くといった、AR的な展開も期待できますね。

個人的には、あんまりこういうの必要ないのかなーと思っているのですが、数年したらみんなウェアラブルディスプレイしてるのが当たり前になるんですかね。そう、スマートフォンが当たり前になったように......。

 

ウェアラブルディスプレイの試作機を開発[オリンパス]

(三浦一紀)