キヤノンのカメラでアレルギー出てない?

2012.07.10 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120710canon_allergy.jpg


嘘ニュースかと思ったら、本当のニュース。

キヤノンのデジタル一眼レフカメラ 「EOS Kiss X6i」(米市場はEOS REBEL T4i )の一部にフロントのラバー部材が短期で白く変色し、人によってはアレルギー反応が起きる可能性もあることがわかり、キヤノンが対象品のラバーを10日より無償交換中です。


キャノンのリリースより:

一部の製造ロット(5月31日~6月15日生産品)で製品本体のグリップラバー(右、左)が短期間で白く変色することが分かりました。ラバーの製造委託先に問い合せるとともに、成分を分析したところ、ラバー表面が白く変色した原因成分は「ビス(N,N-ジメチルジチオカルバミン酸)亜鉛」であることが判明しました。

なお、本製品ではこの物質を使用しておりませんが、当該ロットは製造工程において使用された加硫促進剤の配合量が若干多かったために、高温・高湿の影響で過剰分と他の物質との化学変化が生じ、析出したものです。


このビス(N,N-ジメチルジチオカルバミン酸)亜鉛が皮膚に付着すると稀にアレルギー反応が出るみたい。対象品かどうかはキャノンのサイトの中ほどでカメラのシリアルナンバーを入力してチェックできます。尚、対象品は6桁目が「1」のカメラだけですよ。

120710canon_allergy_serial.jpg


[Canon, Canon USA via PetaPixel]

Casey Chan(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4479303243


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

4873034108


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア