これが黒海の今の色

これが黒海の今の色 1

おやおや、黒海どうしちゃったの?

NASAの地球観測衛星「Aqua」搭載の可視・赤外域放射計MODISで7月15日に撮影した写真では、ご覧のように真っ青! しかもあちゃこちゃ渦巻きができてますよ!?

この渦巻き、実は「円石藻(coccolithophore)」の仕業なのです。円石藻は方解石(カルサイト)の殻が出る植物プランクトン君。これが黒海を粗方覆い尽くして海の色をシアン(青緑色)に変えてしまったんですね~はい~。そう、早い話がプランクトン・ブルーム

ちっこいプランクトンも塵も積もれば山で、大したもんですね。黒海と言ったら水面積168,500平方マイル(436,400km²)もある巨大な内海ですよ。しっかしここまで青いと黒海っていうよりもはや「青海」...まあ、青い海は世界中にあるわけですが。

黒海は西と東を結ぶ場所、東欧と西アジアの間に位置し、マルマラ海、エーゲ海、地中海を経て大西洋の大海原につながっています。

Jesus Diaz(原文/satomi)