どうして外で飲むと飲み過ぎちゃうの? その秘密は音楽にありました。

どうして外で飲むと飲み過ぎちゃうの? その秘密は音楽にありました。 1

家で飲んでるより、外で飲む方が飲み過ぎてしまう気がしませんか? 話すから喉が乾くんだろうなぁ、と何となく思っていましたが、どうも違うみたいです。飲むスピードに影響を与えていたのは、音楽だそうです。

New York Timesによると、

1985年にコネティカット州のフェアフィールド大学が、BGMの曲のテンポを上げると、1分間に3.83口から1分間に4.4口に人々の食べるスピードがあがった、という研究を発表している。またフランスの南ブルターニュ大学で行動科学の教授 ニコラ・ゲゲン(Nicolas Gueguen)が2008年のアルコール・ジャーナルで発表した研究では、大きい音が鳴っている環境ではビールを飲むスピードと量が上がるということが臨床研究で分かったとされてる。

バーの音楽が72デシベルの時、平均オーダー数は2.6杯、一杯を飲み干すのにかかった平均時間は14.5分だったが、88デシベルに上がると、平均オーダー数は3.4杯、一杯を飲み干すのにかかった平均時間は11.5分となった。

大きい音が鳴っているとよく飲んでしまう、と。直感的にも分かる気がします。小料理屋さんとかでしみじみと飲んでいる時は大丈夫ですが、居酒屋でわいわいやってると飲み過ぎる気がします。これからはちょっとうるさい所で飲む時は、より気をつけるようにしたいです。

※ご指摘ありがとうございました。記事修正いたしました。

[NY Times via Animal New York]

Kyle Wagner(原文/mio)