Windows Surfaceの存在にPCメーカーが困惑...Windows 8は成功なるか?

Windows Surfaceの存在にPCメーカーが困惑...Windows 8は成功なるか? 1

発売前から大きな期待が寄せられているMicrosoft Surfaceですが、どうやらほかのWindows 8向けハードウェア開発メーカーから反感を買っているようです。

Windows 8を成功させるためにはソフトウェアの特長を最大限に発揮するハードウェアが必要不可欠。でも、パートナー企業をちょっぴりないがしろにしてしまったかもしれません。

AllThingsDは、マイクロソフトの発言を次のように報じています。

「我々のSurfaceはOEM先のパートナー企業が作るハードウェアと競合するだろう。そして、その事実がパートナー企業のモチベーションに影響を与えるかもしれない」

マイクロソフトは以前、Windows 8の壮大な冒険おいてOEM先の企業はパートナーであり、Surfaceもそのうちの一つにすぎないと強調していました。しかし、これは建前の話だったようです。

各社の今後の対応はまだ未知数ですが、サムスンをはじめとしたPCメーカーは、マイクロソフト製に追随する(あるいは、それを超える)ハードウェアを生み出すために全力を尽くすことが予想されます。

マイクロソフト自身も今回の件に関する反応は自認している様子。しかし、OEM先との関係性はともかく、あえて冷徹にSurfaceを開発したのは決して悪いことではありません。いまマイクロソフトに求められているのは、Windows 8を無駄にしないためにも素晴らしいハードウェアを携えて戦いに挑むことですからね。

[AllThingsD]

Casey Chan(Rumi/米版