巨大3Dギャラクシーマップで、まるで宇宙を飛んでいる気分(動画)

あまりにもスケールが大きいので、人によっては映像酔いしてしまうかも...。

米国はニューメキシコ州のアパッチポイント天文台にある望遠鏡を使ってつくられたのがこちら、宇宙の巨大3D映像です。登場するのは、なんと40万にもなる銀河系の数々。この地図は、スローン・デジタル・スカイサーベイのデータを使って行っている巨大プロジェクト。プロジェクトは12年も前からスタートしており、70億年分の惑星の動きをチャート化しています。この映像自体にでてくるのは、スローン・デジタル・スカイサーベイのデーだのほんの2年分、つまり宇宙のたった1部。

あー、宇宙よ! 今あるちっぽけな悩みをなんとかしてください!

[The Atlantic]

そうこ(Leslie Horn 米版