サムスンが法廷で公開「アップルがサムスンを参考に7インチiPadを検討したメール」

サムスンが法廷で公開「アップルがサムスンを参考に7インチiPadを検討したメール」 1

アップルとサムスンの特許訴訟で8月3日(米国時間)、なんとアップル社内のメールがサムスン側の証拠として公開されました。

これは現在インターネット・ソフトウェアおよびサービス担当上級副社長を務めるエディ・キュー氏が発信したメール。宛先には、現CEOのティム・クック氏をはじめ、スコット・フォーストール氏、フィル・シラー氏といったアップルの幹部たちが並んでいます。

メール本文で、キューはサムスンのGalaxyを使った感想として「(タブレットの)7インチ市場ができると確信した。我社も作るべきだ」と述べており、「サンクスギビングの頃からスティーブに何度か進言したが、最後には受け入れてもらえたようだ」とも語っています。

サムスン側はこのメールを、アップルが「他社」製品を常に細かくウォッチし、非常に高い関心を抱いていた重要な証拠として位置づけています。

 

[CNet]

Rumi(Molly Oswaks/米版