アップル vs. サムスン対決@日本。初戦の軍配はサムスンと東京地裁が判決

アップル vs. サムスン対決@日本。初戦の軍配はサムスンと東京地裁が判決 1

国によって全然違うんですね。

アメリカではアップルの大勝利に終わったアップル vs. サムスン裁判ですが、東京地裁でも判決が下りました。

その結果は、アメリカとは異なるものでした。PCとスマホ・タブレット間の音楽データなどの同期について特許侵害を訴え、アップルがサムスン側に商品の輸入、販売の差し止めを求めていました。対象となるのは「GALAXY S II」「GALAXY Note」など8機種。NHKによると、

東京地方裁判所の東海林保裁判長は、この機能についてサムスンによる特許権の侵害は認められないとしてアップルの訴えを退ける判決を出しました。

とのこと。

日本で司法判断が下されるのはこれが初めて。まだ地裁での判決ですし、他の特許に関する裁判も残っているのでこれからもこの対決はまだ続きそうな感じですね。

NHKニュース

(松葉信彦)