火星探査機Curiosityの撮った画像にUFOが写ってるって本当?(動画)

2012.08.24 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


UFO研究家があたふたしています。火星探査機 Curiosity が撮影した写真に空飛ぶ円盤が写っているというのです。彼らが、Curiosityの写真に色々言うのははじめてではありません。(そして最後でもないでしょう)発表された写真をピクセル単位で精査して発見されたUFO。果たしてどんなものなのでしょうか?

上の動画がUFO研究家の主張です。コメントはこちら。

4つのモノがCuriosityによって捉えられています。オリジナルからだと見つけにくいので、目立たせるためにフィルターをかけました。この4つは一体なんでしょう?UFO?塵?それとも別の何か?あなたの判断に委ねます。

幸いなことに、私たちは判断する必要はありません。これは、空飛ぶ円盤でも、気球でも、明けの明星でもありません。これは、Curiosityの捉えた全ての写真に写っています。つまり、これは外側に何か問題があるわけではなくて、カメラのセンサーの問題だったのです。いくつかの撮像素子が動いていなかったということです。

これはデッド・ピクセル(dead pixels)と呼ばれる現象で、多くのカメラに見られます。(僕のデジタル一眼にもあります。)大気のノイズにかき消されて、普通はこのことに気がつきません。火星周辺はもっと真空に近いので、ノイズがなく、結果として撮影素子の問題がよく見えてしまったというわけです。また、画像にシャープという加工を行うと、これが立体的に見えます。Photoshopで誰でもできます。

なーんだ。でも、彼らの主張はまだまだ続きます。

わかった。これはカメラの問題だったんだね。でも待ってくれ。もっといっぱい不思議なことがあるんだ。これを見てくれ。



箇条書きにすると、


  • 火星人の指!おそらく爪と一緒に。

  • 火星人の靴もしくはサンダルの靴の底が!

  • 遠くにドームが!

  • 火星の変な動物が!

うーーん、どれも決定力にかけるというか、岩の可能性も十分にあるものばかりです。

そもそもNASAがCuriosityを送ったのは、生命の痕跡を探すためです。彼らはきっとバクテリアや微生物の痕跡を探しだすでしょう。そして、見つけた暁には、公式に発表します。それを待ちましょうよ>UFO研究家さん。


Jesus Diaz(原文/mio)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B004F726T2


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア