FBIによるキム・ドットコム邸捜査の理由、裁判で明らかに

FBIによるキム・ドットコム邸捜査の理由、裁判で明らかに 1

Megaupload.com(メガアップロード)」創設者キム・ドットコム氏の豪邸をFBIが不当捜査した件はまだ記憶に新しいですが、いったい彼らがどのように捜査を正当化したか知ってますか? なんと、「世界中のネット上における著作権侵害を証拠隠滅」できる「終末」のデバイスをキム・ドットコム氏が所持した疑いだそうです。

ニュージーランドのOFCANZ(組織および経済犯罪局)で捜査の指揮に携わったグラント・ウォーモルド(Grant Wormald)氏は、今月上旬にオークランドの高等法院で開かれた裁判で、ドットコム氏が「世界中のサーバーを消去できるデバイスを持ち歩いている」という連絡をFBIから受けたと証言。どうやら、その全サーバー消去デバイスは、どのコンピューターや電話からも瞬時に消去が行えるシロモノのようです。もちろんそんなデバイスは発見されませんでしたが、捜査を防ぐことはできませんでした。

ドットコム氏の弁護人ポール・デイヴィソン(Paul Davison)氏は、捜査当時を振り返り「ニュージーランド警察は嘆かわしいほど無能かつ不適当だった」と述べています。

[NZ Herald via BGR]

Casey Chan(Rumi/米版