アップルがかつて考えた丸みのあるスクリーンのiPhone。実現しなかった理由はコストがかかりすぎるため。

20120803roundiphone.jpg

丸みがあるスクリーン、好き嫌いありそうですけどね。

アップルとサムスンの大戦争により、iPhoneの初期段階の試作品やアイディアが続々と明かされています。1996年から2008年までアップルでデザイナーをしていた(現インテルインダストリアルデザイン副責任者)ダグラス・サッジャー氏(Douglas Satzger)が語ったところによりますと、初期段階ではスクリーンを丸みを帯びたデザインにする予定だったとか。が、当時スクリーンに丸みを持たせるたり形作ったりする技術には莫大な費用がかかり、結局は断念することに。また、丸みデザインとその機能においても好ましくない点があったことから、最後は現状のフラットなデザインで落ち着いたわけです。

あの時、iPhoneが丸みデザインで登場していたら...。きっとその他の影響を受けたガジェットだって丸くなって、世の中もっと丸くなっていたかもしれませんね。

いや、例え丸くなった世界でもきっとアップルとサムスンは争いしてるな...。

[Network World via 9to5Mac]

そうこ(Mario Aguilar 米版