どうして最近は未発表のiPhoneやiPadのリークが多いんだろう...知られざるアップル社内の管理体制が明らかに

120828scott.jpg

まったくこれまでの噂とは違う新発表が待っている...?

なんて展開になったとしても驚いてはいけないんでしょうね。もうそろそろお腹いっぱいって感じで、これまで次から次へと次世代のiPhoneやiPadの噂が飛び交ってきました。けど、そんなの本当に何の根拠も信頼性もないから、喜んで追いかけるだけ無駄無駄って気持ちが逆に強まってしまいそうです。

激しい応酬の後に、とりあえずはアップルが勝利する形で決着したサムスンとの特許侵害訴訟。その副産物といたしまして、これまで厚いベールに包まれていたアップル社内の様子が明らかにされたりもしましたよね。その一幕となるiOSソフトウェア部門のスコット・フォースタール上級副社長の証言で、2004年にスタートしたiPhoneの極秘開発チームの結成当時の知られざる実態まで判明していました。

  

この話は、スティーブ・ジョブズCEOと一緒に、これからスコットさんが特殊プロジェクトチームを立ち上げるという時にまでさかのぼります。当時、スコットさんは革新的な携帯電話向けのソフトウェアを開発するために最適な人材を選考する役目を担っていたそうですが、あまりにも制限が多かったんですよね。その開発チームには「プロジェクト・パープル」というネーミングが付されましたけど、どんなに優れた人材であっても、決してアップルの社外から抜擢することは許されませんでした。

おまけにせっかく社内でめぼしい人材を見つけたとしても、これから何をすることになるのかさえ告げることは許可されていなかったんだそうですね。つまりは、まだ見ぬ極秘プロジェクトチームへのスカウトは、こんな感じでしかできなかったと証言がなされていますよ。

「これから新しいプロジェクトを立ち上げることになります。とはいえ、そのプロジェクトの内容については、あなたにはいま一切伝えることができません。すべてが完全に秘密です。」

「もしこの特殊プロジェクトチームに参加すれば、何度も徹夜で作業することが求められるようになることはおろか、今後数年間は週末の休みもなくなることが多いと思ってください。」

とまぁ、こんなふうに苦労に苦労を重ねて、なんとか納得してもらって、ようやくプロジェクト・パープルのメンバーがそろってきました。すると、その全員がクパチーノのアップル社内の一角に集められ、そこは社内の他の部署とは完全に隔絶された閉ざされた世界になってしまったようですよ。会社の中なのに特殊社員証のカードリーダーと監視カメラによって隔離された世界...にわかには信じられないことに思われるかもしれませんが、何度でも、すでに顔見知りのプロジェクトメンバーでさえ、そこでの作業中には特殊社員証の提示を求められる徹底ぶりだったとのことです。

これこそが、今回のアップルVSサムスンの特許侵害訴訟で明かされた、まさに秘密の中の秘密として進められるiPhoneやiPadの開発風景の実態なんですけど、ここまで徹底管理して、とにかく情報が漏れることを恐れて新製品の開発プロジェクトを秘密裏に進めるアップルが、ここ最近では次から次へとマヌケに情報をリークしてしまう甘々な管理体制へと堕落~だなんて変貌ぶりを信じられるでしょうかね? たとえスティーブ・ジョブズが世を去ったとしても、そんなにすぐにアップルがオープンで穴だらけになるとは思えませんが、ギズ読者の皆さまはどう思われますか?

やっぱり一連の噂は憶測と期待が生んだ空想の産物でしかなく、真相はアップルからの正式発表日を待つ以外には知りようもないのでは? いかにももっともらしい筋ですけど、ここが現実なのかもしれませんよね。と、まだ見ぬ次世代iPhoneやiPadに大いに期待ですよ...

AllThingsD

Eric Limer(米版/湯木進悟)