iPhone 5用? LGが新たな薄型ディスプレイの製造を開始か

120823ip5r.jpg

まえにも噂されていたあのスクリーンですね。

新型のiPhoneに搭載されると予想される、新たな薄型ディスプレイの大量生産をLGが開始したとロイターが報じています。新しいiPhoneが噂されている9月12日(米時間)に発表されるのであれば、そろそろパーツの製造が始まってもおかしくない頃ですね。

LGが製造するとされているスクリーンのサイズは、現行のiPhoneより30%大きい4インチ。それでいてパーツそのものは薄くなっています。この新たなスクリーンはタッチセンサーをディスプレイ部分に埋め込むことで、別のタッチスクリーンの層を必要としない設計。不要な部分を排除するということは、薄さを追い求める現在のスマートフォン開発競争で競合の一歩先を行くことを意味します。また、バッテリーの改善も期待できるかもしれません。

ああ、9月12日が待ち遠しい。

 

関連記事:【8月版】iPhone 5の予想・噂・まとめはここだけ見れば大丈夫

 

[Reuters]

Casey Chan (ニール太平/米版