アイアンマンになるにはいくらかかる? →86億円かかります。

20120731howmuchisaianman.jpg

高い、高いけれど、プライスレスな体験が待っている。

アイアンマンの魅力の1つに、彼が一般人であるということが挙げられるでしょう。天才的な頭脳の持ち主であり、巨万の富を持つ大企業の経営者だとしても、それでも彼は1人の人間に過ぎません。生まれながらにヒーローだったわけでも、何かの魔法で姿を変えているわけでもない。人間が人間として作った発明品でヒーローとなったのです。ということは、がんばれば私もアイアンマンになれるのでは?

さて、アイアンマンになるには一体いくらかかるのでしょう。

・ホログラムプロジェクターHUD内蔵ヘルメット:5410万ドル(約42億円)

・肩部分に内蔵されたガン(2丁):40万ドル(約3125万円)

・手首内蔵のミサイルランチャー(2丁):150万ドル(約1億1000万円)

・手に内蔵のジェット(2台):200万ドル(約1億5000万円)

・ブーツに内蔵のジェット(2台):380万ドル(約3億円)

・太もも内蔵の火炎システム:50万ドル(約3900万円)

・お尻内蔵のバッテリーパック(2台):2000ドル(約16万円)

・チタニウムゴールド製の外骨格スーツ:1000万ドル(約7億8000万円)

・アーク・リアクター、原子力ソース:3600万ドル(約28億円)

・肩&背中に内蔵の補助翼:200万ドル(約1億5000万円)

 

20120731howmuchisaianman01.jpg

 

トータルで1億1030万2000ドル(約86億円)くらいかかります。

また、アイアンマンのスーツに内蔵されているあれこれのシステムを生み出す技術にさらにお金がかかり、コンピューターや人工知能にお金がかかり、住宅にお金がかかり、今までの歴代スーツにもお金がかかっており、乗り物にもお金がかかり、なんだかんだで、完璧なアイアンマンになるには16億1271万7000ドル(約1260億円)ほどかかっています。

 

20120731howmuchisaianman02.jpg

 

いくら巨万の富をもつ大富豪でも裸足で泣き出すレベル。つまりアイアンマンとしての体験うんぬんの前に、すでにアイアンマン=プライスレス、ですね。

 

[MoneySupermarket via Geekologie]

そうこ(Brian Barrett 米版