MacBook Pro Retinaベースモデル、自由にカスタム可能に。今が買いです!

120804mbpretina2.jpg

MacBook Pro Retinaモデルをこれから買おうと思っていたみなさんに吉報です! カスタマイズの自由度が低かったベースモデルの料金体系が変わりました。

これまでベースモデルは、2.3GHzクアッドコアIntel Core i7に256GBのフラッシュストレージと決まっていたため、どちらかのスペックを上げたい場合には上位モデルを買う必要がありました。が、この部分がカスタマイズ可能となり、必要なスペックをより細かに設定できるようになりました。

たとえば「ストレージは256GBのままでOKだけど、CPUは2.6GHzにしたい」という場合でも、今までなら上位モデル(238,800円)を買うという選択肢しかありませんでした。しかし新しい料金体型では、ベースモデル(184,800円)のCPUだけ2.6GHzにアップグレードできるので(プラス10,000円)、合計194,800円の出費で済むことになります。

浮いたお金でUSBスーパードライブとアップルケアをつけても、まだお釣りがきちゃいます。あらやだ、お買い得じゃないの!

ストレージのアップグレードよりも価格差が顕著なCPUのスペックで迷って上位モデルを買った方は、今回のニュースを聞いてヤラレターと思ったかもしれません。でも周りで同じようなことを迷ってる友達がいたら、「今が買いだよ」と快く教えてあげましょう。そして、浮いたお金で美味しいものでもおごってもらえばいいと思いますよ。

さーて、誰におすすめしてこようかな?

 

[Apple]

Rumi(Jesus Diaz/米版