【閲覧注意】マルボロもラッキーストライクも、みんなこんなパッケージに...それでもタバコを吸いますか?

【閲覧注意】マルボロもラッキーストライクも、みんなこんなパッケージに...それでもタバコを吸いますか? 1

グッ、グロすぎるよ...

思わず目をそむけたくなるような超グロテスクな画像にデカデカと「タバコは健康を損ないます」って警告メッセージを印刷したパッケージ。これからタバコがそんなふうに売られるようになったら、それでもあなたは買いますか? なんだかどこのブランドのタバコなのかもよく分かりませんよね。

はい、まさにそれが狙いのようです。なんと日本では考えられない本当の話としまして、年内にもオーストラリアでは、すべてのメーカーが、こんなデザインの統一パッケージに入れてしかタバコを販売できなくなっちゃいます! もうマルボロもラッキーストライクもあったもんじゃありませんよねぇ。

ということで、当然のごとく、この超厳しいタバコの規制法案を提唱したオーストラリア政府に対して、マルボロの製造元であるフィリップモリス、ラッキーストライクのBAT、それに日本のJTなどなども加わり、同法案の取り消しを求めてオーストラリアの高等裁判所へ提訴しました。ですがあえなく訴えは棄却。いよいよ本当にグロい新パッケージでのタバコ販売が今年12月から豪州全土で義務づけられるんだとか。パッケージ下の小さな文字くらいでしか、どの銘柄のタバコなのかも見分けがつかなくなっちゃう感じですね。

さすがにこんな法律が日本で施行される時代は、まだまだ先の話でしかないんでしょうけど、もしオーストラリアを皮切りに世界各国で、こんな超厳格なタバコ規制の流れが主流になってきたりしたら、もうブランドイメージにこだわるタバコメーカーはたまらないでしょうね。愛煙家には、ますます暮らしにくい世の中になっちゃいますよ~。

 

BBC

Jesus Diaz(米版/湯木進悟)