著作権侵害でPirate Bayに課せられた賠償金、音楽アーティストには1円も渡らず

著作権侵害でPirate Bayに課せられた賠償金、音楽アーティストには1円も渡らず 1

今年2月、スウェーデン最高裁はBitTorrent検索サイト「The Pirate Bay」に対し、675000ドル(約5275万円)の損害賠償金を音楽レーベルに支払うよう命じました。この賠償金は、著作権侵害によって適正な印税を得られていない音楽アーティストの収入補填を目的としています。でも、知ってました? この判決、アーティストにとっては1円の得にもならないんですよ。

Torrent Freakの記事によると、問題は2つあるようです。まず、Pirate Bayからの賠償金だけではとても補填しきれないこと。また、もし十分な賠償金が集められたとしても、そのお金はIFPI(国際レコード産業連盟)に渡ることが決まっているので、著作権者は1円も受け取れないんです。アーティストのみなさん、心中お察しいたします...。

音楽の著作権侵害で一番大きな被害を被るのは間違いなくアーティストです。日々の生活で本当に印税を必要としているアーティストたちは、本来であれば自分たちの曲がファイル共有サービスで誰かの手に渡るたびに印税をもらう権利を持っています。

だからこそ裁判所の決定はおおいに歓迎できますが、一方、RIAA(アメリカレコード協会)やアーティストの代理人でもある音楽レーベルがそれを断るのは、なんだか奇妙な感じがしますね。

 

[TorrentFreak]

Brian Barrett(Rumi/米版