聖火が消えていたようです

2012.08.01 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120731_fire.jpg

※イメージ図です※


オリンポスの山で採火され8000人が火を絶やさぬようリレーしてきた聖火がロンドン現地時間日曜11:14pm、五輪スタジアムで聖火台を動かしたときに消え、おじいちゃんがおもむろに点け直していたことが目撃者たちの証言でわかりました!

英紙テレグラフによると、点け直したおじいちゃんは今年と1948年ロンドン五輪の両大会で聖火ランナーを務めたオースティン・プレイフット(Austin Playfoot)さん。まあ、長雨でうっかり消えた...とかではなく、移動のとき危ないからわざと「消した」というのが真相みたいですけどね。

聖火は式典のようなことは何もせず、普通にガスを止め、朝プレイフットさんがクレーンで登ってトーチで再点火しました。

今大会ではロンドン五輪組織委員会が「観光客の見世物ではない」と言ってスタジアムの外から見えない場所に聖火台を置き、「そんなのオリンピック史上前例がないじゃないか!」「アホ馬鹿ボケナス(bloody、git、knobhead、cabbage)」「よくもやってくれたな!(how dare they、いずれもイギリス英語。オーガナイザーのザもzじゃなくs)」と英国内のマスコミに散々叩かれてます。

聖火は五輪開催中ずっと燃え続けていなければならないものだとばかり思ってましたけど、消すこともあるんですね。


Thinkstock/Getty Images
[Telegraph]

Jesus Diaz(原文/satomi)
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B004A5NR24


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

4087206459


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア