グーグル、開発者向けポリシー改変で悪質なAndroidアプリを排除

グーグル、開発者向けポリシー改変で悪質なAndroidアプリを排除 1

長いこと無法地帯だったGoogle Play(旧:Android Market)に対して、ようやく重い腰を上げたという感じでしょうか?

Androidのエコシステムを汚す悪質なアプリを取り締まるため、グーグルは開発者向けに新たなコンテンツ制約を設けました。

今回公開された新ポリシーでは、意図的にユーザーを騙そうとするアプリプライバシー情報を収集・配信するアプリスパム的なアプリを追放する方針が示されています。また、あからさまな性的表現や暴力的要素を含むアプリ違法行為を助長するアプリについても禁止しています。

今後、新ポリシーに違反したアプリはGoogle Playから削除されるようですが、取り締まり強化の具体的なプランについてはまだ明らかにされていません。アップルがiOSアプリに対して行っているような厳格さがGoogle Playにも適用されるのか、注目したいところですね。

[Google Play via Mashable via BGR]

Mario Aguilar(Rumi/米版