ダイエットしたいなら難しい事を考えて! 

ダイエットしたいなら難しい事を考えて!  1

ちょっとは違うかも!?

難しい事を考えたり、おもいっきり頭を使う事で肉体的にも疲れが生じるんだそうです。本当に、頭を使うだけで基礎代謝量が増えるの? 違う要因がなんかあるんじゃないのぉ? って思いますよね。

Scientific Americanのフェリス・ジャブラー(Ferris Jabr)さんが、この度、興味深い現象についてのエッセイを書き終えました。まず第一に、彼が指摘しているのは、脳が一生懸命働くということを否定しちゃいけないってこと。

平均的に、普通の大人の人間の脳は1.4㎏あります。 それは体重のたった2パーセントぐらいですが、どんなにダラダラした日を過ごしても、1日あたり20%の安静代謝率を必要をするんだそうです。

安静代謝率は、年齢、性別、体重、健康状態によって個人差はあるものの、安静代謝率が1300キロカロリーの人を基準に考えた時、脳は正常に機能するために260カロリーも消費するんです。1時間あたり10.8カロリー、1分毎に0.18カロリーの消費です。たとえ難しい事を考えていなくても。

ただ、やっかいなのは、どのぐらい脳を必死に使えば消費カロリーが変わるのか? がはっきりとしない事...。なんだよぉとガックリきちゃいますけど、ダイエットを心掛けてる人は、日曜日に、いつもやらないクロスワードパズルとか数読にトライしてみてはいかが? 

でも、今日は難しい事いっぱい考えたから、ご褒美にビールと唐揚げ! なぁんて事をしたら、いくらか消費したカロリーも水のあわですけどね...。

[Scientific American]

-Jamie Condliffe(原文/junjun)