超巨大なスパイロボット飛行船、米軍がアフガニスタンに展開へ(動画)

なんかラピュタのような世界が...

いきなり米国ニュージャージー州レイクハーストの上空に、多くの人々の度肝を抜く超巨大な飛行船が出現しましたよ! なんと機体の全長は300フィート(約91m)と、まるで空の上にフットボールコートが展開したかのような驚きのビッグサイズなんだそうです。

この超大型の飛行船は、ノースロップ・グラマンが全力を挙げて開発中のLong-Endurance Multi-Intelligence Vehicle(LEMV)で、完全自動操縦にて上空で何週間でもとどまってスパイ活動を継続できる仕様を備えることが目指されていますよ。すでに来年中にはアフガニスタンで実際に試験運用が開始されるんですって。

スパイロボット飛行船とはいっても、これだけバカデカい機体が空の上に現れちゃったら、とてもじゃないですが気づかれずには済まされないでしょうね。そこでLEMVは、もう堂々と上空へ漂う代わりに、決して撃ち落とされない高度を常にキープしつつ、空から敵を威圧する効果も狙いなんだとか。この21世紀に飛行船が最前線でよみがえり、軍用に大活躍するだなんて、ちょっぴり夢のある話かもしれませんよね~。

Danger Room

Sam Biddle(米版/湯木進悟)