まるでスター・ウォーズ! 空飛ぶバイクがついに現実世界に登場(動画あり)

2012.08.28 12:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


うわあああ、ホントに作っちゃったんですね!

この動画、何度観てもスゴすぎて笑いが止まりません。だって本物の「空飛ぶバイク」ですよ? 読者のみなさん、そろそろライトセーバーやひょろっとしたの金色ロボット、それにハイパースペース・エンジンも準備したほうがいいかもしれません。

カリフォルニアのマンハッタン・ビーチにあるAerofex社が今回開発した「空飛ぶバイク」は、反重力装置ではなく強力なファンで機体をうまーく制御。初心者でも練習せずにいきなり乗れちゃうそうです。しかもこの完成度ですよ。悔しいくらい美しい動きですなー。

デモはアメリカ南西部のモハーヴェ砂漠で行われているのですが、このバイクは4.5メートルもの高さまで浮かび、最高速度は時速48km出るそうです。

じつは1960年代にも空飛ぶバイクの開発に挑戦した企業があるのですが、人が安全に乗れるように機体を安定させることができず断念。その後も挑戦者は後を絶ちませんでしたが、十分な稼働レベルに達することはありませんでした。

しかし航空宇宙工学エンジニアであり、Aerofex社創業者のマーク・デ・ロッシュ氏率いるチームは、その問題を解く秘密をついに発見。曰く「人の動きによって加重がかかる機体の3軸(縦揺れ、横揺れ、偏揺れ)のうち、2軸間の並進運動をとらえ、逆の動きを与える空気力学的制御を行っている」そうです。

パイロットは自転車やバイクに乗るときと同じように、ただ自然に体を傾けたりバランスをとるだけでOK。同氏は「(パイロットが)バランスをとる動きは直感的かつ持続的なので、パイロットに苦労を感じさせない」と語ります。

唯一残念なのは、一般発売の予定がないこと。彼らはまず軍に向けた販売を希望しているそうです。でこぼこした地形の場所で重い荷物を運ぶときにも、車輪やキャタピラの軌道を気にしなくていいのが便利ということですね。またヘリコプターなどと違い、木々や渓谷の間を抜けることもできます。「パフォーマンスに関しては、唯一とも言えるアドバテージがあります。デモのときも、木々の中や壁の近く、橋の下を飛んでいますよ」

スピード的にはちょっと遅いと感じるかもしれませんが、これはまだ最初のバージョン。3倍速くらいのものができたら、さらに興奮度アップですね!

 
120827flyingbike_01.jpg

120827flyingbike_02.jpg

120827flyingbike_03.jpg

120827flyingbike_04.jpg

120827flyingbike_05.jpg

120827flyingbike_06.jpg

 
[Aerofex via Innovation News Daily via Rio Norte Line via Blstr]

Jesus Diaz(Rumi/米版
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
B008D17JP2


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア