慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション



慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション 1

Windows 8のタブレットデバイス(OSはWindows 8 Release Preview版)をマイクロソフトからお借りしました! Windows 8端末を発売前に貸してもらえてラッキーです。ありがとうございます。

ファーストインプレッション記事の前に、簡単に僕のPC歴を書いておくと、Windows XP→7と使用してました。Windows 7は発売から1年でSSDがぶっ壊れてしまったので、その後2010年ごろからずっとMacを使っています。いま触ってるこれが久々のWindows。

Win7と8じゃ大違いなのはギズやってれば分かってることだけど、これほどまでに違うOSだとは思ってなかったよほんと。なんかもうWindowsだけどWindowsじゃない。この意味を伝えるためにファーストインプレッションをつらつらと。

Metroとデスクトップ、2つのインターフェイス

Metroって名前じゃなく単に「Windows 8」か「Modern」って名前になるみたいですが、ここではMetroで統一させてもらいます。新しいの決まってないから分かりづらいですし。

このWindows 8タブレットは、通常Metroで操作することが大半になると思うんですが、Metroのアプリの中に「デスクトップ」が用意されており、これを起動することで今までの慣れ親しんだWindowsデスクトップ画面が現れます。ちょっとややこしいので、スクリーンショットで見て下さい。

慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション 2

こちらがMetro。赤枠のところをポチっとするとデスクトップが現れます。

慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション 3

こっちがデスクトップ。

もう今までのデスクトップは、Windows 8ではタイルの1つ、アプリの1つとして扱われてるんです。マイクロソフトとしては、「デスクトップは捨てきれないからとりあえず入れておくけど、Metroがメインだよ」って言いたいんでしょう。

だから、このWindows 8タブレットを触っていて強く思ったのは、2つのOSが1つのデバイスで共存してるということ。なんだか「iPadにOS Xが載ってる」感のような、後味がわるーい苦みが強烈に伝わってきます。これは慣れの問題かもしれませんけどね。

この2つのOSが使えるメリットだってもちろんあります。全てこれ一台で完結できてしまうのは最大の強み。このタブレットは「最新のWindows OSが搭載」されてるっていう、もうほんとそれだけ。

フォトショもIE 10もiTunesも既存のソフトウェアを動かせられるのはいいですね。完全なるWindowsなんだけど...なんで歯がゆいんだろう。

操作感抜群のマルチタッチインターフェイス

そのMetroの使い勝手は抜群。やはり最新のタッチインターフェイスという感じ。動作はサクサクで非常にスムーズに動きます。これは体感でしかありませんが、iPadと同じような操作、ブラウザでピンチインをして縮小する。ピンチアウトで拡大する。これらの指の動きにぴったり吸い付いてきます。なので、iPhoneを使っていてAndroidで感じていた違和感がMetroにはありません。

それと、Windows 8全体に言えることですが、メモリ消費量が少なくなってることでのパフォーマンスアップもあるんでしょう。ここらへんはよく作り込まれてるなぁーという印象。

特に、Metroで設定を呼び出す「Charms」ジェスチャーが統一されていてとても使いやすい。Charmsは画面端から画面中央へスワイプさせると、各種設定やメニューが表示されるというもの。

慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション 4

下から、上からスワイプさせるとアプリ別のメニューやオプションが出現。

慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション 5

右からスワイプさせるとWindows全体を操作するメニューが現れます。

慣れたらこれ1台でいいんじゃないか...。Windows 8タブレットファーストインプレッション 6

左からだとアプリの切り替えや、マルチウィンドウ表示にできます。Metroアプリは全てこれで統一されているのでとても分かりやすい。

タブレットのWindowsですべてをこなしたい人にはピッタリ

上にも書いたように、Windows 8タブレットは新しいWindowsのカタチなので、「WindowsだけどWindowsじゃない」と感じてしまうかもしれません。ほんとに矛盾してるけどそうとしか言えない。これが僕が触った第一印象です。

それでも使っていて最大の魅力だと思ったのは、これ一台でタブレットとして使いつつ、キーボードを用意したらノートのように使えるのはめちゃくちゃいいです。だから、PCやタブレットで使い方を分けてる人は、全部をWindows 8タブレットにまとめてしまえばほんとに捗るはず。捗らないわけがないなと。

まだ発売前でアプリも少ないけど、立ち上がってもないプラットフォームなのでそれはしょうがない。アプリが充実してきたら可能性が広がりますよー。

ファーストインプレッションはここまでですが、まだWindows 8記事を用意してますのでお楽しみに!

(大野恭希)

 

※赤丸→赤枠に修正しました。ご指摘ありがとうございました。