Windows 8は買いなのか待ちなのか、OS別に考えてみる

120822Win8buyornotbuy.JPG

新しいOSが出るときは、いつもそういうこと考えますよね。

10月に発売されるWindows 8。Release Preview版を使ってみると、動作が軽くキビキビしていて、これまでのヘビーなWindowsとは一線を画す、 新機軸のOSであることは十分わかります。

タブレットPCでの使用を前提としたWindows 8スタイルと、これまでのデスクトップスタイルの2つの顔を持つ、このOS。買うかどうか迷っている人も多いことでしょう。

そこで、各OSユーザーごとに、Windows 8は買いなのか待ちなのか、考察してみましょう。

 

Windowsユーザー

2つにわかれると思います。これまでノートPCをメインに使っているモバイルユーザーであれば、Windows 8は買いだと思います。できればタブレットPCでWindows 8がいいですね。外付けキーボードとマウスも持ち歩けば、ヘビーな作業もこなせますし、ちょっとした調べ物などは、タブレットPC単体で使うことができます。

一方、デスクトップPCメインの人は、しばらくはWindows 7でいいんじゃないでしょうか。Windows 8は動作は軽くていいんですが、デスクトップモードに「スタート」メニューがなく、マイコンピュータやアプリを起動するのも、ちょっと勝手が違います。やはり、タブレットPCがメインターゲットなんだなと思わせるOSです。

また、Windows 8はタッチジェスチャなど、画面を直接触って操作するのがウリ。これを使いたいなと思ったら、タッチパネル式のディスプレイがないといけません

Macユーザー

う〜ん、難しいですね。Mac一筋でやってきた人にとっては、別にWindows自体に必要性をあまり感じていないでしょうし。OSだけ買ってBootCampでデュアルブートさせて使うといった感じなら買いですかね。でも、それではWindows 8のポテンシャルを全開にすることは不可能ではないでしょうか。

MacをやめてWindows 8にスイッチするという選択肢もあります。ただ、Windows 8はMac OSともちょっと違うコンセプトのOSなので、そこによほど魅力を感じていなければ、乗り換える必要はないと思います。

Androidユーザー

ここでは、Android OS搭載のタブレットPCユーザーという前提で考えてみます。うーん、悩みますねー。個人的には、Windows 8のタブレットにスイッチしてもいいんじゃないかと思います。Windows 8スタイルは、Android OSとは違う思想のインターフェイスを採用しているので、操作面では慣れが必要だと思います。しかし、デスクトップモードがあることで、これまでのWindowsのソフトがそのまま使えるという点を考えると、Android OSよりもできることの可能性は広がります。

Android OSで不満はないけれど、もっとパソコンらしい作業がしたいという人には、Windows 8のほうがいいのではないでしょうか。

iPadユーザー

買いです。特に、Windowsパソコンを母艦としてiPadを使っている人は、乗り換えてもいいのではと思います。iPadは洗練された素晴らしい端末ですが、どちらかというと何かを「作る」というよりは、何かを「見る」ためのもの。よりクリエイティブな作業をしたいという人ならば、Windows 8のほうが向いているでしょう。

ただし、Macを母艦にiPadを使っている人は、無理にWindows 8に乗り換える必要はありません。iCloud関連の機能は、一度使い始めるとなかなか便利。それをWindows 8に置き換えるよりは、これまで通りiPadを使ったほうがストレスは少なくなるでしょう。

BlackBerry PlayBook

買い換えましょう。BlackBerryが大好きで大好きで、結婚したいと思っている人ならば別ですが、総合的に見てWindows 8のほうがどう考えても上です。BlackBerry PlayBookは、自宅の寝室に置いて、寝る前にちょっとメールチェックしたりする程度の使い方でいいのではないでしょうか。

まあ、僕の独断と偏見がかなりの割合を占めておりますが、いかがでしたでしょうか。

ただひとつ言えることは、日本でWindows 8搭載の端末がどのくらいの価格帯で出てくるかが一番の買い替え要因になるのではということ。アメリカで発売されるSurface299ドルという予想価格ですが、日本でも同じ価格帯でSurfaceが発売されれば、即買いします。個人的にはiPadと同じくらいの価格帯(4万〜6万円くらい)であればぜひとも欲しいと思っています。逆に、10万円を超える値段で発売されたりすれば、興味はかなり薄くなるかもしれません。

Windows 8、あなたはどうしますか?

(三浦一紀)