現段階のWindows 8でできるタッチジェスチャを全部試してみた(動画あり)

120822Win8gesturemain.jpg

もうすぐ発売されるWindows 8。いろいろな新機能やWindows 7から変わっているところがありますが、特徴的な機能のひとつにタッチジェスチャがあります。

Windows 8は、デスクトップPCでもノートPCでもタブレットPCでも使えます。特にタブレットPCでは、キーボードやマウスでの操作というよりは、画面上を指でタッチして操作する機会が大幅に増えます。

そこで、タッチジェスチャです。画面上を指で触って操作する直感的な操作が、Windows 8のキモとなることでしょう。

ここでは、そのWindows 8のタッチジェスチャのいくつかを紹介します。それぞれ動画で紹介していますので、参考にしてください。

 

システムコマンドの表示

画面の右側からスワイプをすると、システムコマンドのチャームバーが表示されます。ちなみにチャームバーとは、OSの機能や設定項目、一般的なタスクなどを素早く呼び出せる新機能。Windows 8ではこのチャームバーにお世話になることでしょう。

アプリの切り替え

画面左端からスワイプすると、起動中のアプリがサムネイルが表示されます。そのまま右側へスワイプするとアプリを切り替えることができます。

最近使用したアプリ一覧を表示

画面の左端から内側へスワイプし、指を離さずにそのまま外側にスワイプすると、最近使用したアプリの一覧が表示されます。ここから表示するアプリを選択することができます。

2つのアプリを表示する

画面左側からスワイプしてアプリが表示されたら指を離さずに表示中のアプリの右端または左端にドラッグします。すると、そのアプリが小さめの画面で表示されます。動画では、一度最近使用したアプリ一覧を表示させて、そこから小さい画面で表示するアプリを選択しています。

アプリを終了する

Windows 8では基本的にアプリを終了する必要はありません。しかし、どうしても特定のアプリを終了したいという場合は、そのアプリを表示し画面の上端から下端にドラッグします。これでそのアプリは終了します。

スライド、ズーム

これらはiPhoneでもスマートホンでもおなじみの操作。液晶画面を直接触って画面を操作することができます。

Windows 8のタッチジェスチャ、いかがでしたでしょうか。iPhoneやiPadのように、2本指、3本指、4本指といったタッチはありませんが、スワイプする場所によっていろいろな機能を使い分けられます。覚えてしまえばとても便利にWindows 8を使いこなせるように鳴るでしょう。ただし、iPadと併用すると、混乱してしまうかもしれませんね。

なお、Windows 8 Release Preview版で検証をしております。もしかしたら変更になるかもしれませんので、ご了承ください。

Windows 8 Release Preview[マイクロソフト]

(三浦一紀)