ノルウェー人観光客、空港で泥酔。手荷物ベルトに乗りX線で発見される

ノルウェー人観光客、空港で泥酔。手荷物ベルトに乗りX線で発見される 1

「酔って記憶をなくして路上に寝てた」みたいな話ってよく聞きますが、この猛者っぷりはすごいですね...。

先日、36歳のノルウェー人観光客がローマのフィウミチーノ空港で酔っ払い、手荷物の輸送ベルトで寝てしまったそうです。輸送ベルトの揺れに深い眠りを誘われたのでしょうか? その観光客はベルトの上で眠ったまま、約50mの旅に出てしまいます。

本人証言によると、その日はフライトのチェックインを行おうとしたところ、デスクにアテンダントがいないことに気づいたそうです。お上品な彼はもちろんデスクの向こう側に乗り越え、自分の手荷物とともにベルトの上で横たわってしまいました。

そして15分後。彼が流れついたのは手荷物のセキュリティエリア中心部。手荷物のX線スキャナーは、胎児のポーズで安らかに眠る大人の姿をとらえます。

空港のセキュリティ担当はどんな反応を示したかって? 「こういう話は1年に1回くらいあるので気をつけています」「今回はすぐに警報が鳴ったので、その通知を受けて措置を講じました」とのこと。しかし前もって想定できる話だとすれば、なんらかの防止策も必要かもしれませんな〜。空港で酔っ払ってるのは彼だけじゃないですからね!

[La Repubblica.it via Telegraph]

EricLimer(Rumi/米版