「2012年12月22日に世界は終わ...りません」NASA科学者が根気よく解説

2012.09.09 18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

120909nasa2012.jpg


カリフォルニアのエイムズ研究センターにある、NASA宇宙生物学研究所。こちらで上級研究員として働くデビッド・モリソン博士は、刻々と近づきつつある(いや近づいてない?)世界の終わりについて、なぜか権威的な存在となっています。でも、なんで?

8年前、モリソン博士は研究所のWebサイトで「宇宙科学者に訊け」というコラムの連載をスタート。その時から、彼は「2012年終末説」に怯える人たちから、じつに5,000通ものメールを受け取っているそうです。

そもそもマヤ・カレンダーには「2012年に世界が滅亡する」という記載はないと言われています。しかし、一部の専門家による解釈や映画の影響などによって、その「予言」がかなり確からしいものとして広まっているんですね。そんなわけで、不気味なXデーが近づくにつれて、モリソン博士のもとには週に50通もの質問メールが寄せられるように。

「なぜそんな問い合わせがNASAに殺到するのかは完全に謎」としつつも、「おそらくほかに質問できる場所がないからだろう」と博士は語ります。

はじめにメールを受け取った頃は「そんな話聞いたこともない」と戸惑った博士。しかしメールに返信したり、マヤの歴史家などほかの専門家と情報交換したりしているうちに、気がつけば毎日1時間もこの件について時間を割くようになっていたとか。

...な、なんて誠実な方なんだ!

ちなみに博士の専門分野は、小惑星の衝突衝突からの地球防衛惑星爆発、そして地球外生命の探索。地球滅亡に恐れおののく人々にとっては、非常に関係の深い分野に思えるかもしれませんね。


[The Awl]

Mario Aguilar(Rumi/米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
490055085X


remote-buy-jp2._V45733929.jpg

・関連メディア