アップルが3年がかりで開発したEarPods、中身はこうなっています

アップルが3年がかりで開発したEarPods、中身はこうなっています 1

いろんな試行錯誤があったんでしょうね。

iPhone 5発表にあたって、アップルのティム・クックCEOやデザイン担当のジョナサン・アイヴは改良したイヤフォン「EarPods」の良さを力説していました。研究開発に3年費やしたそうで、実際にある程度音質が改善してもいるようです。

では実際中身はどう変わったのかiFixitが確認してくれました。これまでにアップルが出してきた3世代のイヤフォンが上の画像です。上から、前世代のiPhone、初代iPodのイヤフォン、そしてEarPodsとなっています。

さらに内部を見ていきます。

アップルが3年がかりで開発したEarPods、中身はこうなっています 2

EarPodsはすごくタイトに組み立てられているため、部品を取り外すことはできず、ナイフで切り離さなければいけなかったそうです。

アップルが3年がかりで開発したEarPods、中身はこうなっています 3

大きく変わったのは、スピーカーコーンが紙になっている点です。iFixitによれば、アップルがEarPodの「深く豊かな低音」をウリにしているのはこのためだと考えられます。また、スピーカーバスケットに細かいメッシュが使われているのも音質に貢献しているようです。

音質を追求する人にとっては物足りないかもしれませんが、確実に進化してるんですね。

[iFixit]

Mario Aguilar(原文/miho)