動物がプルプル脱水する時の遠心力は重力の○倍(動画)

大型犬はブルブルッと4秒振るだけで水分の70%も弾き飛ばせるんだそうな! もはや脱水機!

「動物が水分を弾き飛ばすメカニズムはみんな一緒なのか?」という疑問に答えを出すべく、ジョージア工科大学のデイビッド・フー(David Hu)機械工学助教授が同僚とネズミ、犬、虎、熊など16種の動物を高速カメラで撮って調べてわかったもの。

脱水するのは体温低下を防ぐためなのですが、ご覧のように毛についた水の張力に負けじと振るので、小さな動物ほど振るスピードは速くなります。大きな動物はゆっくり振っても十分な力が生まれます。

よく皮がべろ~んとたるんでて、振るとこんなんなっちゃう動物いますけど、あれはたるんでるぶん振りが大きくなるので乾きも超早い! たるんでる哺乳類はなんとなんと重力の10~70倍という驚異的パワーを呼び起こせるんだそうですよ? 目をギュッと閉じるのは、目がやられないようにだったのです。

動画によると、各動物の振りのスピードは以下の通り。

犬  4.3回/秒

カンガルー 4.9回/秒

犬2 5.8回/秒

豚 8.2回/秒

ハツカネズミ 18回/秒

ラット 27回/秒

人間はどうかな? タオルなかったら。

おまけ1:

おまけ2(これはちょっと違うんだけどね):

みなさまのぷるぷる動画・写真のURLもぜひ教えてくださいませ。

[Nature via Expl.ore]

Casey Chan(原文/satomi)