ついにティム・クックがiOS 6の地図について公式謝罪。最善を尽くすことを約束する一方、他マップの使用も推奨。

ついにティム・クックがiOS 6の地図について公式謝罪。最善を尽くすことを約束する一方、他マップの使用も推奨。 1

さまざまな話題を提供してくれたiOS 6の地図。

ついにアップルのCEOティム・クックからお客さまへの謝罪メッセージが届きました。その全文はこちら。

お客様へ

Appleは、お客様に最高の体験をお届けする、世界で最高レベルの製品を作ることに取り組み続けています。しかし、先週提供を開始した新しいマップは、自分たちに課したその基準に達することができませんでした。お客様にご迷惑をおかけてしていることに対し、心よりお詫び申し上げます。現在私たちは、マップをより良いものにするために最善を尽くしています。

私たちがマップの提供を始めたのは、iOSの最初のバージョンをリリースした時です。その後、時が経つにつれ、ルート案内、音声の統合、Flyover、ベクターベースの地図といった機能を持つ、より優れたマップをお届けしたいと考えるようになりました。そのためには、新しいバージョンのマップを一から作る必要がありました。

Appleの新しいマップを利用しているiOSデバイスの数はすでに1億台を超えており、その数は毎日増え続けています。新しいマップを搭載したiOSデバイスのユーザーが検索した場所は、わずか一週間あまりで約5億にのぼりました。より多くのお客様にご利用いただくほど、マップはより良いものになります。皆様からお寄せいただいたフィードバックに対し、心よりお礼申し上げます。

私たちがマップの改良に取り組んでいる間、皆様にはApp Storeから「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などの地図アプリケーションをダウンロードしていただけます。Googleマップのウェブサイトにアクセスして、そのアイコンをホーム画面に作成し、マップを使うこともできます。

Appleは、自分たちの製品を世界で最高のものにすることを常に目指しています。皆様がそのことをAppleに期待していることも、私たちは理解しています。私たちはマップがこの極めて高い水準に達するまで、絶えず努力を続けていきます。

Tim Cook

Apple CEO(最高経営責任者)

改善を約束する一方、それまでの間ほかのマップアプリやウェブアプリを使用する(Web版Googleマップをフルスクリーン表示させる方法はこちら)などを推奨している点に、一朝一夕では解決しないであろうことが予測されます。

また興味深いのは、英語版で代替サービスとなっているBing、MapQuest、Waze、Googleマップ、Nokia mapsが、日本語訳版では「地図マピオン」、「地図 Yahoo!ロコ」などとなっているところ。これはどういう基準で選ばれたんでしょう。クック自身が選んだのかしら。

ちなみに、ギズではiOS 6のマップアプリの代わりに使いたい地図アプリ6選も公開中です。

アップル , Apple(英語版)

(松葉信彦)

iOS 6のマップについてのまとめはこちら!

改善されるの? ホラーのまま? iOS 6で新たに搭載されたマップに関する記事まとめ