iPhone 5の品切れはシャープのディスプレイ生産遅れが原因?

120925_iphone5sharpdisplay.jpg

作るのけっこう大変みたいです。

3日で500万台を売り切ったiPhone 5、入荷待ちの人もまだたくさんいます。Bloombergによれば、そんなiPhone 5の品薄状態の原因はディスプレイの不足にあるらしいです。

iPhone 5では、ディスプレイとタッチセンサーを一体化したインセル・テクノロジーが使われていて、それによってあの薄さを実現しています。このスクリーンの製造には従来のものより人手が必要になっており、まさにそれが問題なんです。

もともとアップルはLGディスプレイジャパンディスプレイ(ソニー・東芝・日立系が統合されたディスプレイ製造企業)からiPhone 5の4インチスクリーンを調達していました。その後やや遅れて、シャープも調達先に加わったのです。

Bloombergいわく、シャープはアップルからの要求に見合う製造量確保に苦労しているようです。アナリストのレポートでは、シャープが不良品生産数の削減に手間取るあまり、iPhone 5発売までに出荷を開始できなかったことが指摘されています。出荷の遅れは以前からになっていました。

シャープ、大丈夫ですか...? と心配になりますが、これはアナリストレポートに書かれているだけであって、アップル本体からの公式な説明ではありません。現在のところ、シャープやLG、ジャパンディスプレイからもコメントはありません。なのでディスプレイの生産が現在どの程度安定しているのかはわかりませんが、いずれにしても、待っているみなさんの元に早くiPhone 5が届くことを願います!

[Bloomberg]

Jamie Condliffe(原文/miho)