iPhone 5の1GBのA6はカスタムチップ、サムスン製

iPhone 5の1GBのA6はカスタムチップ、サムスン製 1

iPhone 5発表の時アップルは「チップはアップル独自のA6を搭載した」と言ってましたよね。

このカスタムのチップ、詳しい情報はあんまりなかったんですが、AnandTechがいろいろ嗅ぎ回った結果、メモリは1GBで、iPhone 4Sより帯域が33%広くなってる(高解像度画面に必要)ことが分かりました。

チップ右手にある文字列、これ実はサムスンの部品番号なんです。で、サムスンの製品ガイドを掘り返して照合してみたら、A6は512MBのDRAMダイが2つ搭載になってて計1GB、スピードは1066MHzだった、というわけ。4Sは4と同じ512MBポッキリだったので段違いにパワフルですね!

iPhone 5ピークの帯域幅は8528MB/sで4Sの6400MB/sより33%アップしてます。高解像度ディスプレイは画素数あるのでこれぐらい要るんでしょね。iPadの12800 MB/sには遠く及びませんが。まあ、iPadほど大画面じゃないので、そこまでは要らないけど。

Xcodeからの情報を考慮し、尚且つ「性能が2倍で、バッテリーも従来より長くもつ」(アップル)チップとなると、既存のチップのどれにも合致しないので、たぶんA6はアップルが大なり小なり一から作った(デザインした)チップなんじゃ...。ベンチでもCortex-A15じゃなくARMv7ベースであることが確認されてます。

もちろん全体の性能を左右する要素はチップだけじゃないですけど、それも発売になればハッキリしますね。

[AnandTech]関連:【後藤弘茂のWeekly海外ニュース】 モバイルアプリの姿を変える可能性を秘めたiPhone 5の中核「A6」

Eric Limer(原文/satomi)