iPhone 5のスペックは2005年当時最高のスペックを誇ってたPowerbookを余裕で超える

20120918_a6.jpg

時代は変わるものです。

2005年当時はアップルのベストパフォーマンスだとされていたPowerbook。Geekbench(有名なベンチマークテストができるツール)のスコアは当時1000前後でした。そして、2012年に登場する新しいiPhone 5は余裕でそれを上回るスコアが算出されているわけです。

17インチのPowerBookは、厚さ2.6cmに重さ約2.4kgで、当時は30万~40万した代物。それが今では厚さ0.76cmに112g ですよ、iPhone 5はね。iPhone 5のスコアは1600相当、当時の30万するPowerbookよりずっと高スペックなんですね。

このテスト結果のすべてが正しいというわけではありませんし、この数値を鵜呑みにすれば良いわけではないのですが、あの頃の超高性能パソコンが今やポケットの中に入ってしまう時代。当時のHDDは10GBとか20GBとかだった頃に比べても、ほんの6~7年で、技術はものすごく進歩しているものです。

[Mac Rumors via Daring Fireball]

mayumine(Sam Biddle 米版