【保存版】あなたは大丈夫? エアコンにまつわる意外と多い誤解の数々

20120905mottainai.jpg

えっ、知らなかった...

もう夏休みも終わりだというのに、なんだかまだまだ暑いですよね。毎年いつも夏の終わりには同じようなことを言ってるような気がしますけど、でもやっぱり今年の残暑の厳しさは半端ないような気がしますよ。早くエアコンなしで過ごせる涼しい日々がやって来ないかなぁ。

そんな思いを抱きつつ、とにかく暑くて暑くてたまらないので、エアコンにお世話になりっぱなしの今日この頃ですが、そのあなたのエアコンの使い方は間違っていませんでしょうかね? えっ、上手に節電しながら使っているつもりなんだけど、そう信じて疑わなかったのに、実はトンでもない無駄な使い方にしかなってなかったりしたら大ショックですよね。

こちらは米GIZMODO編集チームがまとめたティップスなので、日本国内の様子とは少し異なる現実もあるのかもしれませんけど、意外と知らなかった役立つ豆知識がいっぱいですよ。まずはチェックしておくことにいたしましょう!

 

 

誤解その1: 設定温度を下げれば下げるほど早く涼しくなる

この夏の季節に何がもっとも辛いかって、玄関を開けて家の中に帰ってきた瞬間、もう部屋の中は超蒸し風呂状態で、このまま熱中症にでもなって倒れてしまうんじゃないかなっていうくらいの、たまらない暑さだったりしますよね。

もうさすがにこれだけは耐えられない。とにかくまずは急速冷房だ! ちゃんと後で節電しますから...

そうつぶやきながら、まずは一気にエアコンの最低設定温度で最大風量にてガンガンに冷房を効かせてしまう~こういうパターンが日常化しちゃってる方はいらっしゃいませんか? まぁ、そこまで極端ではなくっても、とりあえず思いっきり部屋を冷やしてから、後で設定温度を上げて節電するのがいいやって考え方は、かなりもっともらしくも聞こえますよね?

いやいや、もちろん程度にもよりますけど、でも、どうやらこの方法は、思っているほど効果がないみたいですよ。中には業務用の、まるで室外機が冷蔵庫みたいにバカデカくって超パワフルなエアコンも世には存在しますが、普通の家のエアコンは、一気に冷やせるパワフルさにも限界があるらしいんです。だから、どんなに頑張って動かしてみても、結局は一定の速度でしか部屋の温度なんて下げられないって計算にもなるようなんですね。

例えば、ちょっと極端な例ですけど、まずはいきなりエアコンの設定温度を18度以下なんかにしてみても、35度の部屋の温度が下がっていくスピードは、設定温度を20度にした時でも、23度にした時でも、大した違いはなかったりするんだとか。でも、設定温度を下げてエアコンをフル稼働させようとすればするほど、無駄に電力ばかり消費してしまい、そのわりには冷房効果が薄かったりもするそうですよ。

要はここが辛抱のしどころなんでしょうけど、エアコンの設定温度はほどほどの低さにとどめておき、じんわりと部屋の温度が下がっていくのを待つのが最も賢い使い方なんですって。これは覚えておいて損はないかもしれませんよね。

誤解その2: どんな時でも外出中は絶対にエアコンを消して出かけるのが一番

さて、もう勘がいいギズ読者の皆さまならばお分かりでしょうかね。つまりは、上のティップスと大いに関連しているんですが、なによりもエアコンで最も電気代が跳ね上がってしまう時というのは、とにかく室温を急激に冷やさないといけない時だったりもするみたいです。トンでもなく暑い部屋の温度を下げるためにエアコンがフル稼働~だなんてシチュエーションは、できるだけ避けるのに越したことはないですよね。

そうなると、外出中にエアコンを切ってしまい、どんどんと室温が上がって、家に戻ってきた時には非常に暑い部屋になってしまっているという状況は考え物です。ですから、数時間程度の外出であれば、エアコンをつけたまま出かけることで、かえって賢く節電しちゃうなんて技もありなのかもしれませんよ。

もちろん、だれもいない家の中をエアコンでガンガンに冷やしておくなんて効率の悪いことをするわけではありません。ただ、完全にスイッチを切ってしまう代わりに、例えば、たとえ29度の設定温度でもいいので、とにかくそれ以上の暑さには室温が上がらない程度の超弱冷でエアコンを回し続けておき、帰宅時に数度だけ設定温度を下げるという使い方をしたほうが、かえってエアコンをつけたり消したりするよりも、最終的には節電になっているという理屈ですね。

出勤日など、朝家を出てから夜遅くまで家に帰ってこないなんて日に、さすがにこんな使い方はお勧めできませんけど、ちょっとした買い物や用事で家を半日ほど空けるなんて場合、真夏日には逆にこういうスマートな室温キープの手法が威力を発揮するのかもしれません。いかがでしょうか? あっ、ちなみにこの方法を試してみる時は、必ず部屋のカーテンを閉めて、日光が入らないようにして出かけることをお忘れなく!

誤解その3: シーリングファンや扇風機は回したまま外出するといい

エアコンをつけて家を留守にするのには非常に抵抗があるのに、なぜかシーリングファン扇風機だったら、大して電気代もかからないでしょうし、回したまま外出しておけば、きっと部屋の中は少しでも涼しくなっているはず...と思って、この自分なりの暑さ対策を実施している方って意外と多かったりもするんですってね。でも、残念ながら、これにはまったく意味がないそうですよ。こちらはやるだけ電気の無駄遣いでしかないんですって!

結局のところ、シーリングファンや扇風機からの風が当たって涼しく感じるのは人間だけで、その風が室温を下げてくれるわけではないんですよね。つまり、だれも人がいない部屋でシーリングファンや扇風機を回し続けたとしても、室温を低く保つという意味では、ほとんど効果なしのようです。

あっ、だからといって、シーリングファンや扇風機は用なしなのかというとそうではなく、エアコンと上手に組み合わせて使えば、冷気が早く部屋中に行き渡ったり、より涼しい風を受けられる効果冷房効率のアップを期待することができますよ。ただ、分かりやすく考えるならば、だれもいない部屋を明るく照らす電灯が不要なのと同様、シーリングファンと扇風機の電源はこまめに切ったほうがいいってことですね。

110331gizmodosetuden2.jpg

いかがでしたでしょうか。そんなの全部とっくに知ってることばかりだよって方も少なくないかもしれませんけど、こういう節電にまつわる豆知識って、いつの間にか忘れたり見落としてしまったりしていることも多かったりするので、折に触れて復習してみるのはいいかもしれませんよね。節電しながらエアコンをパワーアップさせる5か条の法則なんてティップスもあったりしましたしね。

ちなみに米GIZMODO編集チームには、いろいろと読者の皆さまからのアイディア納涼法なんかも寄せられておりまして、地下室で過ごす生活スタイルに変えるなんてアメリカらしいものから、超ドライな国では濡れたシーツで眠るようにすると、すっかり朝には乾き切っていて、快適な睡眠が楽しめるなんてワイルドなものまでありましたよ。こういうのは日本国内では役立ちそうにありませんかね。

エアコンなしで、なんとか涼しく過ごすための定番としましては、氷を布に巻いて手首に当てておき、解け出す水を首元に注ぐのが一番のようですね。もうちょっと現実的な節電利用法は、常にエアコンはドライ運転にしておいて、涼しい風はシーリングファンか扇風機で身体に当てるようにするというのが、最も効率的でもあるみたいでした。

暑い暑い夏も、もうあと少しで終わりです。賢く効率よく涼を取りながら、なんとか夏バテなんかに負けずにがんばりましょう~! もしギズ読者の皆さまも、残暑厳しいこの季節を乗り切る上で、もっともっといい他のアイディアがあったら、ぜひドシドシとコメント欄から教えてくださいね!

Andrew Tarantola(米版/湯木進悟)