マジでキッチンで使えます...ニンジン、削っちゃいませんか?

120907carrotsharpener.jpg

そんな手があったか~

ボールペンが主流の大人になったいまとなっては懐かしい、小学校時代には重宝していた鉛筆削り、あまり最近はお世話になる機会も減りましたよね。いえいえ、だれでも安全に楽しく料理する上で、実は欠かせないキッチンツールになり得るってご存知でしたか?

イスラエルのデザイナーのアビシャイさんは、その名も「Karoto」という特大サイズの鉛筆削りを野菜のピーラー仕様に改造し、本当に15ドル(約1200円)で売り出しちゃいましたよ。Karotoというネーミングが示すように、主にニンジンを差し込んでは皮を剥く利用シーンが想定されているのかもしれませんけど、キュウリズッキーニなどなど、サイズさえ合えば幅広い野菜に応用できちゃいそうですよね。 

包丁で野菜の皮を剥いてると手を切ってケガしちゃうことが多いという悩みから誕生したというKarotoですが、アイディア次第では見た目にも美しいサラダが作れちゃったりもするやもしれません。でもさすがに太い大根には小さすぎて使えないかな...

designboom

Andrew Liszewski(米版/湯木進悟)