人工知能は星の夢を見る...。星新一ショートショートを人工知能が解析・創作する試みが始まる

人工知能は星の夢を見る...。星新一ショートショートを人工知能が解析・創作する試みが始まる 1

時事ドットコムが、「ショートショート」と呼ばれるジャンルの短編小説を、人工知能を搭載したコンピューターによって分析。自動的に同様の短編小説を創作させるという試みが開始されたことを報じています。

「ショートショート」はSF作家である星新一が得意とするジャンルで、一般的な小説と比べると非常に短く、ものによっては数行しかない超超短編もあります。この短さも手伝ってか、ショートショートではネタの価値がダイレクトに表現されているので、比較的解析向けなんでしょうか?

この試みは公立はこだて未来大の松原仁教授らによって計画されており、今後5年をかけて星新一の多数の作品からその特徴を分析。ペンネームを使って文学賞などに応募して入選するのが目的のようです。

あれ? ひょっとしたらこの話自体がショートショートのSF小説になるんじゃないでしょうか?

人工知能で、目指せ文学賞=星新一の文体分析、短編生成-はこだて未来大が計画[時事ドットコム]

星新一公式サイト

(小暮ひさのり)