【検証】アップル風にプロモーションすればなんでも欲しくなるのか?(動画)

アップルの発表会や広告の動画の特徴と言えば、テンポのいい音楽と、形容詞を多く用いてシンプルにそしてゆっくりと情熱的に語りかけるあの口調です。そして極めつけは、あのリンゴマーク。それは最先端の目印のようなもの。まるで、催眠術かのように心にどんどん染み渡り、動画の最後ではその商品が欲しくて欲しくてたまらなくなっているのです。アップルのものなら何でも欲しい、そう思わせる力があるのです。

では、あの口調で、あのロゴで語りかけられれば何でも欲しくなってしまうのでしょうか? ネタ元のBuzzfeed FWDにこんなホットドッグ用ウィンナーのアップル風動画があがっていました。

ホットドッグ、食べたくなった?

[Buzzfeed FWD]

そうこ(Eric Limer 米版