水中で核爆発するとこうなる(動画)

1950年代米核実験を記録に残したカメラマンのひとり、パット・ブラッドリー(Pat Bradley)氏によれば、エニウェトク環礁のワフー(Wahoo)実験とアンブレラ(Umbrella)実験、ふたつの水中核爆発は空中核爆発より凄まじかったと言います。

2.5マイル(4km)離れた場所で見守った体験を語るブラッドリー氏の声と共に、上の迫力映像をぜひご覧になってみてください。

水中だし、2.5マイル(4km)も離れてたら安泰だろうと高をくくっていたら、とんでもない。みるみる波が立ち昇り爆心地そばの貨物船をのみ、水柱は巨大な高波となってブラッドリー氏ら撮影班のいる島をたて続けに襲います。3度目にひときわ高い波がきて島全体が波にのまれ、撮影班は重い撮影機材を運んで椰子の木によじ登ってなんとか助かったのだとか...。

ワフー水中核爆発実験が行われたのは1958年5月16日、アンブレラは同年6月8日。

120916atomicfilmmakers.jpg
Atom Centralによれば、上の映像は『Atomic Filmmakers-- Hollywood's Top Secret Film Studio』HD版収蔵のヒトコマとのことです。映画全編はYouTubeのGoDigitalチャンネルで視聴可能(有料)

[Atom Central]関連:エニフェトク環礁

Jesus Diaz(原文/satomi)